悔しい… - うごりぜいめんと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悔しい…

泣いた。あんだけ頑張って学校行ったのに、つらかった。


まず、髪のことでいろいろ言われた。やっぱきもいとか普通に言われた。

そんなこと覚悟の上だった。それ以上に悔しかったことがある。


音楽の時間。ギターの授業だった。

うちの学校のギターはほとんど弦が切れていて、回して使う感じ

それで、一応3人で順番でやってたわけ、そしたらドナがいきなり使えるギターを横に置いてきて

たぶん片づけるのがめんどいから、そんなところだろう。

で、先生は2人で一つとか言ってたから3人で二つあっても罰は当たらんかと思って弾いてたわけ

そしたら、わざわざ離れた席から「独り占めしちゃだめだよww」

明らかに嫌味だった。いかにも友達いないから一人でやってる的な口ぶりだった。

こっちの言い分も聞かずにずるいずるいってめっちゃむかついた。

仕方なくギターを戻してくると「友達少ないからねー」と予想した通り。

許せなかった。お前らみたいな上辺の関係と一緒にされた気分だった。

いるよ。お前らのより立派な、心強い友達が。

我慢の限界が来た。切りたくもなかった髪のことを言ってくる奴。平気で借りパクしようとするやつ。

悪口を無視してたら殴ってくる奴。こっちがやり返したときだけだまれ、きえろって言ってくる奴。

「しね。」気が付いたらそれしか言葉が出てこなかった。みんなみんなしんじゃえばすべてがどうでもよくなる。

胸倉を掴まれた。引きはがそうとして引っ掻いた。暴力だぁ暴力だぁ、

完全なる悪徳。みんなの怒りをこちらに向けようとしてくる。卑怯なやつ。

それからぐちぐちと文句を言ってきた。保障金払ってもらおうか?豚の食費を出すほど余裕はない。

こっちが相手にしないってことがわかると周りの奴に同情を求める。

俺の心の広さは友達の多さ?上辺だけのだろwww

でも、やっぱり本当の友達ってゆうのはわかってくれる。あんたが死んだら悲しんでくれる友達はたくさんいる。

でも、あいつはあんまいないからwwww

散々周りにいろいろ言い振り回してたあいつが、「ちゃんとめんと向かっていいなよー」

お前に言われたくない。怖いんだwwほんとの友達ってーのがいないから。いつ裏切られてもおかしくないから。

他の奴らが来てなんか言ってきても全然怖くなんてない。絶対負けないから。こっちには心から理解してくれる人がいる。


ずっとずっーーと耐えた。音楽の時間。お前らただ練習したくないだけだろww

そう思ってれば、非の打ちどころのない悪徳の悪をついたようで、強気でいられた。

授業が終わって。廊下でたかおが待ってた。

ダメだ…安心しすぎた…

学校では問題になるから絶対泣かないって決めてたのに…これで3回目。ついやっちゃうんだ☆

何も言わないでいいから。そういいながらただ涙だけが流れてきて…



今日、またあいつが復讐を考えてた。

いろいろなプランがあって。チェーンメールとか無視させるとか…

無茶苦茶だったけど、あの白髪の多い頭を見たら、かわいそうになってきて…

いろいろ話し合った。結果、今日のことをふまえてこういった

「ずっと裏切らないって約束して、絶対に負けないから」

どんなに傷つけられても。いつか絶対に思い知るっていう日が来るはず。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新トラックバック

マイリスト

pixiv

GitHub

SoundCloud

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。